任意売却を利用して住み続ける~親族間の買取・賃貸~

  • タグ
fufu_engawa

前回、任意売却と競売のメリット・デメリットのお話を致しました。
今回は任意売却のメリットの1つである「任意売却を上手く利用して自宅に住み続けることが出来る可能性がある」という点について、お話ししたいと思います。

任意売却は上手く利用することで、自宅に住み続けることが出来るというメリットがあります。
それは、親戚や知人に任意売却で自宅を購入してもらうという方法です。その上で、住宅の新しい所有者となった親戚などから、賃貸という形で住宅を借り受けます。
ようするに、自宅を売却する代わりに新しい所有者に賃料を支払うことで、今まで通り住み続けることが出来るということです。
親戚や知人であれば、買受人を探す手間も省けます。
ただ、この方法を行うには、買受人が自宅を購入するだけの金銭的余裕がなければなりません。
殆どの銀行では親戚間による住宅の売買での住宅ローンを認めておりません。その為、ローンの残債を一括で支払うことの出来る方でなければならないのです。

親戚・知人に条件を満たした人がいたとしても、わざわざそのような大金を払ってまで任意売却に協力してくれうだろうかという疑問は残るかと思います。
その為、親戚にも「任意売却をすることによるメリットがある」ということをしっかりと示す必要があります。
例えば、親戚に2,000万円で自宅を購入してもらいます。その上で月々の家賃を10万円にしてもらいます。
すると、親戚には年間120万円の家賃収入が入ることになり、表面利回りは年6%となります。
同じ額(2,000万円)を銀行預金した場合の金利と比較しても、かなりの高金利だと言えます。
こういった点をお伝えし、協力頂けるようにお話をしていくのは大事なことです。

もし、「親戚や非常に親しい知人の方で条件を満たす方がいるが、上手くメリットなどが説明できず困っている」などございましたら、是非弊社に一度ご相談下さい。不動産のプロの観点からどれくらいのメリットがあるのか、ご説明させて頂きます。
また、自宅を購入して新しい所有者となり、賃貸物件として貸してくれる業者や投資家をご紹介できる場合もあります。
相談料は最初の1時間無料となっておりますので、ご安心下さい。
お問い合わせなど詳細については下記バナーをクリック!

次回は「競売を利用して住み続ける~親戚に入札をしてもらう~」という内容です。

SNSでもご購読できます。