競売を利用して住み続ける~親戚に入札をしてもらう~

  • タグ
家

「愛着のあるご自宅を離れたくない。住み続けたい」とお考えになった場合、任意売却によって、ご親族などにご自宅を購入していただき、その後、購入したご親族から賃貸させてもらう方法(リースバック)については、前回お話いたしました。

今回は、任意売却ではなく、競売を利用して自宅に住み続ける方法について、お話したいと思います。

一般的には、任意売却の方が競売よりも高い価格で売却できるため(回収できる債権が多くなる)、債権者にも納得いただける可能性が高いのですが、こちらが提示した売却価格では納得しない債権者もいます。

そのような場合、債権者が競売を申し立てるのを待ち、競売入札が始まったら、ご親族に入札していただくという方法もあります。つまり、ご親族に競売で落札してもらうことが出来れば、その後リースバックも可能ということです。

しかし、競売の場合、任意売却とは異なり、必ず落札できるという保証がありません。他の買受人がご親族よりも高い入札額を提示すれば、その方に自宅を取られ、追い出されてしまうことになります。
また、ご自宅の立地条件や建物のグレードによっては、任意売却よりも高額の入札額にしなければ落札できないこともあります。さらに、必ず落札しようとするために、必要以上に高い金額で入札してしまうという、心理的なプレッシャーもあります。

「住宅ローンの支払で困っているが、自宅を離れたくない」「任意売却と競売、どちらが得なのか判らない」などございましたら、是非弊社に一度ご相談下さい。弊社での直接買取&リースバック、または、リースバックに対応してくださる買取業者や投資家をご紹介できる場合もあります。

相談料は最初の1時間無料となっております。
お問い合わせなど詳細についてはこちらをご覧くださいませ。

SNSでもご購読できます。